催眠療法とはどんなもの?

私の先生は心理療法士でもあり、米国で有名な催眠療法士(ヒプノセラピスト)でもありますので、私もヒプノセラピーの勉強もしています。
催眠療法というとまず頭に浮かぶのは、『あなたは眠くなーる。だんだん眠くなーーるーー……』とか、『私が3まで数えたら、あなたは洋服を脱ぎたくなりまーーーす……』とか、そういうエンターテインメント系(?)の催眠術ですよね。
そして、もう一つ頭に浮かぶのは『前世療法』、もしくは『退行催眠治療』でしょうか。

私が勉強しているのは『メディカルヒプノシス』といって、もちろん医療行為ではありませんが(私は医師ではありませんので)、医療的ヒプノセラピーとでもいいましょうか。つまり、催眠状態に陥らせて誰かの意志に反したことを行わせるという類いのものでもなければ、スピリチュアル系サイキック風セッションでもありません。
理屈から言うと確かに退行催眠というのはあり得ますし、潜在意識に残っている記憶が前世のものまで呼び起こされるというのもあるのかもしれませんが、私はそれを信じている信じていないに関わらず、退行催眠というものに特化して興味をもったりセラピーを行いたいとはあまり思っていません。
ちなみに催眠状態とはどんな状態を言うんでしょうね?
ちょっと抜粋してみました。

★日常生活での催眠状態とは?★
私たちは日常生活で特に意識していませんが、だれでも催眠状態を体験しています。それは、変性意識状態、あるいはトランス状態と呼ばれ、だれでも1日 12、13回はその意識状態を経験しているのです。
例)
・朝、目覚ましが鳴り、完全に覚醒状態になるまでの“ぼーっ”としている状態。
・眠りに落ちるまでのまどろみの状態。
・過去のことを思い出している、未来のことを想像している状態(例:過去の出来事を思い出している、今度行く旅行のことを考えている)。
・デイ・ドリーミング、冥想、イメージトレーニングをしているときの意識状態。
・映画のストーリーに同化している意識状態。
・本などに夢中になっていて、降りる駅を通り越してしまった状態。
・運転していて、運転以外のことに意識が行っていて、どの道を通ったかはっきり覚えていない状態、等々。

催眠には、以下、3つの原則があります。
催眠は、眠りではありません
催眠は、意識がない状態ではありません
催眠は、だれかの支配下に置かれることではありません

なーるほどねー。
確かに妄想に支配されてボケーっとしている時なんて、完全に催眠状態なわけですね。
あと、映画を見てその世界に入り込んでいる時も、トランス状態と言えますよね。
私がヒプノセラピーを受けたとき、一番近い感覚だったのは
・眠りに落ちるまでのまどろみの状態
です。
結構気持ち良いものですよ。
そして、確かにセッションの間中、自分の意識はしっかりとあり覚醒していました。

催眠療法は、個々の「催眠感受性」(かかりやすさ)に大きく作用されますので、誰にでも万能、もしくは誰にでも施して良い療法とは言えませんが、私にはとっても効果がありました。
なので『私も勉強したい!』と思った、ということなんですけどね。
【催眠療法って?の最新記事】
posted by エロール at 09:37 | Comment(0) | 催眠療法って? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。