臨床心理士と心理療法士の違いって?

コレ、よく訊かれます。
心理療法士っていうのは広範囲で様々な心理療法を施す人たちの職業を言い表す呼称のようで、その中には色んな資格の色んな職種があるようです。

*****************
「心理療法士」「心理カウンセラー」は、資格の名前ではなく、「心理療法(心理カウンセリング)をする人」という意味で使われる言葉です。日本では現在のところ、心理カウンセリングに関する国家資格も法律もありませんので、誰がやっても、“法的に”問題はありません。つまり、勝手に「心理療法士」「心理カウンセラー」と名乗って仕事をしても良いということです。

「臨床心理士」というのは、心理カウンセリングに関する資格の一つで、財団法人日本臨床心理士資格認定協会の認定資格です。あくまでも財団法人の認定資格ですので、国家資格ではありませんが、文部科学省認定の財団法人による資格ですので、半公的な資格と考えてよいと思います(“英検”と同じです)。
*****************

私が目指している心理療法士は、臨床心理士とは違うものなのですが、まずは臨床心理士とは何か、というのを詳しいサイトから抜粋してみますね。

*****************
臨床心理士になるためには、 「日本臨床心理士資格認定協会(以下、認定協会)」 というところが決めた条件をクリアしなければいけません。

1‥認定協会の定めた大学院の修士課程で心理学を勉強します。

2‥その後で、実際に医療機関や教育機関などで研修をします。 「見習い」のようなものと考えてください。 修了した大学院によっては、この学生時代に見習いを済ませ、 3つめのハードルに行くことができます。

3‥ 大学院を修了し、規定の研修を終えたら、ようやく認定協会の試験を受けることができます。 そして、試験に合格すれば、「臨床心理士」の資格がもらえるのです。 資格を取った後も5年ごとに審査があるので、カウンセラーとしての能力を磨くためには日々の努力が必要な資格なのです。


なるほど。
やっぱり『心理療法士』というのは全体的な呼称なんですね。
私は臨床心理士ではなく、催眠療法もできる心理療法士になりたいと思っているんですが、では催眠療法士はどんなものかな?

*****************
催眠はそれ自体安全なため欧米でも国家資格はない。欧米では、療法家が協会を結成し、催眠療法士を認定する仕組みが一般的になっている。 米国催眠士協会(National Guild of Hypnotists)、米国催眠療法協会(American Board of Hypnotherapy)等。

日本の医師免許取得に催眠療法の理論や技能等は必要とされないが、米国には催眠療法の博士号が存在する。一方、日本では資格としては、日本催眠医学心理学会認定の「催眠技能士」等がある。
*****************

ということ。
私は米国在住なので、現在受けている授業過程を終了すると、上記の米国催眠士協会(National Guild of Hypnotists)の資格認定を受ける予定です。あと1ヶ月ちょっとで資格認定を受け取る予定なので、とても楽しみです。
【心理療法士って?の最新記事】
posted by エロール at 00:04 | Comment(0) | 心理療法士って? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。