心理療法士の講師

講師っていいますか、つまり私が習っている先生なんですけどね。
この先生がまた、ホントかウソか知りませんけど、大成功している心理療法士なんですよね。
彼は心理学専攻で大学院の免状とPhDを持っているし、何より心理療法士の資格を与える教室を開く資格を持っているんですからそりゃ立派な先生なんですけど、時々大風呂敷を広げるんですよね。
例えば、『この間のアカデミー賞、見た?」って訊かれて、はい見ました、って応えると『あのムービースター達の、うーんそうだなあ、1/3は僕のクライアントなんだよ』とかいわれると、自分売り込みがヘタな日本人としては「マジかよ」って気持ちになります。
あと、『先週は一週間で25万ドル(約2300万円ですかね)の仕事を依頼されたんだけど、忙しくて断ったんだよ』とかいわれてもやっぱり「マジかよ」って思えます。
まあ一週間25万ドルが2万5千ドルだったとしても、私だったらオンの字なんですけどね。
posted by エロール at 11:19 | Comment(2) | 費用編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

心理療法士になるには、いくらぐらい費用が必要?


ホントに何事につけ、お金ってキーポイントですよね。
なので、心理療法士を目指そう!と思ったきっかけや、そもそも心理療法士ってどんな仕事?なんてことをお話するのはまたの機会にしておいて、まずは費用のお話です。
私はニューヨーク在住なのでニューヨークベースのお話になりますけれど、心理療法士の資格はワールドワイドなので、基本は世界中同じです。

さて。
私が今受けているレッスンは、セミプライベートレッスン。
生徒は二人、先生は一人。
この先生は、全米でナンバーワンといわれる催眠療法の権威でもあり、心理学や心理療法のマスターズディグリー(卒院資格)を持っています。
知り合いの紹介で受け始めたレッスンなので、一人1時間195ドル。つまりこの先生は、私たちのレッスンで1時間390ドルを荒稼ぎしているわけですね。
そして、卒業までの期間は約3ヶ月。一週間に一度一時間のペースですので、12レッスンx195ドル=2340ドル。が純粋なレッスン費用となります。これにテキストブック(心理療法士になるために必携のテキストです)が270ドル。そして、テスト費用が160ドルとなりますので、合計すると2780ドル。円換算するとざっと26万円程度でしょうか。これは恐らく格安なのではないかと思います。
知り合いの紹介でディスカウントしてもらわなかった場合、1時間250ドルのレッスンですから、通常だったら32万円ぐらいになる計算ですね。
私の友人は、日本人の先生について勉強し、約14日間のレッスンで50万円だったそうです。
アメリカには色々な心理療法士のレッスンがあり、価格も代替1600ドルぐらいから5000ドルぐらいまで、様々です。資格の内容も色々あるようですが、おおむね世界中でセラピーできる資格がほとんどなようですよ。
勉強をするにも資金が必要。
なかなか大変ですよね。
私も引き続きがんばります!
posted by エロール at 12:19 | Comment(0) | 費用編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。